抑えられない!食欲をコントロールする

MENU

抑えられない!食欲をコントロール、最大の敵に打ち勝て

ダイエットの最大の敵となるのが食欲でもあります。ですのでそれを上手くコントロールできるようになれば、体重を落とすことも簡単にできちゃうのですがなかなか難しい問題でもあるようです。現在では食べ物は溢れており美味しいものや高カロリー、高脂質など特に好んで食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そのため油断するとすぐに太ってしまいそれから痩せようとしてもその食欲を抑えることができずにそれ以上に体重が増加してしまうという人も見られるようです。そして年を重ねるごとに代謝は低下していきますので余計痩せることが難しくなるようです。そのため運動ももちろん大切でもありますが、食欲をコントロールし食事制限することも大事でもあるようです。

食欲アップのメカニズム!なぜお腹が空く?

血糖値と食欲は密接な関係となっており、お腹一杯に食べると血糖値が上昇し満腹感を感じることとなります。そして血糖値が下がるとお腹が空いたという欲求にかられるということになるようです。ですので自身の意志でその気持ちを抑えることは難しいともされ、食事の仕方や工夫などをすることで食欲をコントロールすることも可能となるようです。

 

血糖値をコントロールして食欲抑制

  • 食べる前に運動をする
  • 運動することで肝脂肪が血液中に出てくるので血糖値が上がりますので、空腹感が和らぐため食欲が抑制される仕組みとなっているようです。
  • 野菜を先に食べる
  • 炭水化物(ごはんや麺類)の前に野菜を食べることで上昇を緩やかになります。
  • よく噛んでたべる
  • 咀嚼することで脳内でヒスタミンを作り出し満腹中枢を刺激働きとなり、血糖値が緩やかに上昇するためお腹が一杯となることが持続します。
  • 食事の量を減らす
  • たくさん食べることによってその後の空腹感が大きくなることから、少し減らすことで小さくなることが考えられます。

ポイントとして血糖値の上昇を急激にするとその後急降下し、すぐにお腹が空いてしまうということにつながります。ですのでいかに上昇を緩やかにするかが大切で上手くつきあうことができるようになると食欲を抑えることが可能となるようです。

 

耳つぼで食欲を抑える

 

東洋医学で古くから伝わるもので、耳のつぼには約110のつぼがあり刺激することで様々な効果を発揮するとされておりダイエットに取り入れている人も多いようです。その中ではインシュリンの分泌量を抑えることもできホルモンの働きを調整することも可能となるものもあります。そして食欲を抑えるつぼは飢点といわれているところで耳の穴の前、顏側のとがっていいる部分の下のくぼみのところをつまようじか綿棒で刺激することで効果が期待できるようです。

 

そして神門というつぼは、耳の上半分の部分の内側の丁度真ん中のあたりとなり、刺激することでイライラ解消にストレスによってのドカ食いなど制御できるとなっています。接骨院や整体院など行われていますが、自宅で自分でできることでも知られており行っている人もいるようです。そのため耳つぼダイエットは食欲を抑え体のバランスを整えながら痩せることができる方法でもあるようです。

 

健康的にキレイに痩せるには食事は基本となっていますが、食欲を抑え食べる量を減らすことができればダイエットに成功することも考えられますのでコントロールは重要でもあります。そして糖尿病予防にも効果が期待されており、減量中でもストレスによる大食いなども回避できるとしていますので実践することをおすすめします。