プールウォーキングは痩せないの?

MENU

プールウォーキングは痩せないの?意味が無い?

健康思考のためプールを利用する人は以前から多く、近年ではダイエット目的で行う人も多いようですよね。そのため水中ウォーキングという言葉も聞くようになりました。主に年のとった年配の方や肥満の人が膝や足に負担をかけずに運動できるものとして、人気もあり毎日通う人もいるほどのようです。

 

しかし体には良いとされていますが実際にプールウォーキングによって痩せることができるのか疑問に思われる人も多いのではないでしょうか。水のなかで歩くということは地上よりも足腰にかかる負担が少ないわりに、体には水圧によって筋肉に負荷がかかりますので、効率よくカロリーを消費することができるとなっています。

 

しかしその姿勢によっては、効果がなかったりそれこそ腰を痛めたりすることもあり、たかがプールでの歩きされど水中歩行でもあるようですよ。ですのでただなんとなく水の中を進めば良いということではなく正しい動きかたがあるようです。ここでは、その効果と最も効率の良い方法を徹底調査し紹介したいと思います。減量目的や健康のためにこれからスイミングを利用しようと思っているかたはぜひ読んでいってくださいね。

 

《1時間のウォーキングで約1食分ごはんの消費カロリー?》

 

年齢や体重によっては変わりますが、平均体重の30歳の男性が1時間水の中で歩くことで約260kcal~300kcal前後の消費となり、ごはん一杯160gが270kcalとなりますのでほぼ同じかそれ以上と考えられるのではないでしょうか。

 

1時間もウォーキングしてたったそれだけ?と感じる人もいればそんなもんだよね!と納得する人も色々ではありますが、それだけの効果だけではありませんので心配することはありませんよ。まだまだメリットはありますので、ドンドン紹介していきますよ。ちなみにクロールや平泳ぎなどによっては大幅に消費されることはわかってはいると思いますが、倍以上かそれ以上が期待されるようですね。そして体が重いほうが負荷がかかりますのでそれだけ高くなります。

 

◎有酸素運動としての効果があります。このような運動では陸上でのジョキングや早歩きなどにもありますが、夏や紫外線のきつい時期には断念してしまうこともありますが、プールでは四季に関係なく一年中行うことができるので続けることができます。地上で歩くのと水中の中では体にかかる負荷は倍に近いときもあり、足だけではなく全身を使いますので均等に筋肉がつくようになります。ですので新陳代謝の向上により脂肪を燃焼しやすい体となるわけですから、続けることで太りにくく痩せやすい体質へと変化していくことが実感することができるようです。

 

◎心肺機能が鍛えられることがあげられ、水の中では水圧の力で血液を全身に送り出し循環させることで心臓の機能が高まるとしており、肺へ負荷がかかるためその機能もUPすることも考えられるようです。そして、スリムなボディへの効果も期待できむくみなどの解消などにも良いとされているようですよ。

 

◎リラックス効果もあり水中では人間が生まれる前の記憶があるかのように安心させるものがあるようです。ですので特にストレスが溜まっているときなどでは、気持ちを落ち着かせることができるようになっているようですね。

 

◎水中歩行は陸上のウォーキングより足腰の負担が少なく効率よくカロリー消費をし、正しく行うことで倍以上の効果がでることもあるようです。

 

《正しい歩行でダイエット効果抜群!》

 

まずは基本姿勢としては胸を張り、お腹を引き締めヒップを少し前に出すように心がけましょう。そして腕は大きく前後に振り、最初の歩き方としてはウォーミングアップのためゆっくりと股関節を伸ばすようにして徐々に歩幅を広げて歩くことで大腰筋を鍛えることができ股関節の強化にもなるようになっています。

 

同じような態勢での歩行は飽きてしまうこともあり、一定の部分だけの引き締め効果としかなりませんので他の歩き方も順番にやっていきましょう。その次は膝を高く上げカラダを前に倒しながら、うでの力も利用し前へと進みます。

 

そして腰を軽くひねりながら歩くこともウエストの引き締めにも効果があるとされていますが、腰を痛めている人では無理にやらないほうがいいみたいですね。全身で歩行することで、カラダ全体の筋肉を使いますのでシェイプアップ効果はあり、続けることで期待は大きくなることのようですね。

 

プールウォーキングは痩せないと思っている方はどう思われたでしょうか。実際に体験することで実感することができるのではないでしょうか。これは毎日、行うには時間もないという人もいますので、週に3,4回行うことを続けることでやせることができ引き締まることも可能となっているようですね。他に筋トレをしてから水中歩行することで相乗効果を発揮しますのでおすすめとなっています。